製品情報

WF-3SU+クリンプキャッパーライン

WF-3SU+クリンプキャッパーライン

充填からキャップ締めを自動化

直列2連の充填機と1連のクリンプキャッパーを組み合わせた充填ラインです。
キャッパーの後方には容器反転機を配置し、キャップ締めを行った容器を反転させ、冷缶機に送り込みます。

容器

5ガロン缶を中心に、同形状のポリ容器、BIB(専用アダプター使用)と
幅広い容器に充填可能な全自動タイプの充填機です。

WF-3SUの特徴

パネル

タッチパネル上から基本操作が行えるため、操作が非常に容易です。

パネル

各種容器の充填データを記憶でき、簡単な操作で呼び出せるので、簡単に充填を行えます。

充填ノズル

ノズル昇降方式のため、泡立ちやすい液もあふれることなく充填できます。

ロードセル

重量計測にはロードセルを使用しており、正確な充填が可能です。

ロータリーポンプ

送液には、ロータリーポンプを使用しており、低粘度から、高粘度まで安定した充填が可能です。

キャップの供給はマガジンと、パーツフィーダー式があります。

自動クリンプキャッパーの特徴

自動クリンプキャッパーは、容器を胴締めする事により、充填液を容器口元まで上昇させて容器内の空気を排出させ、クリンプキャップを行う装置です。

充填液の腐敗を押さえる事ができます。
容器を胴締めして、容器内のエアーを排出させますので、容器内にエアーが残らない為、充填液の腐敗を押さえる事ができます。

衛生的で安全です。
無人運転が行えますので、ほこり等を防ぐ事ができますので衛生的です。
また、高温液による火傷等も防ぐ事ができます。

省スペース、コストダウンに貢献。
胴締めからキャップ締めを自動で行いますので、人件費が削減できます。

データの設定が簡単
各種のデータ設定及び運転状態の確認は、デジタルパネルから行えますので、簡単に操作ができます。