製品情報

WF-83BIB充填機

WF-1M

バックインボックスの充填から箱詰めまで

バックインボックスをトレイにセットする事により、充填からキャップ締め・箱への投入を連続して行います。
尚、製缶機及び封緘機と連携する事により、バックインボックスの箱詰めも自動で行う事ができます。

関連情報

お問い合わせ お問い合せはこちら

動作フロー

機能紹介

充填部

重量計測にロードセルを使用しているため、液質に左右されない正確な充填が可能です。
BIBのみの状態で充填を行うので、段ボールが汚れたり、逆に充填液に紙粉が入る心配がありません。

キャッピング部

容器の口元を確実に固定してキャップをするため、高精度でのキャッピングが可能です。
パーツフィーダーより自動的にキャップを供給します。
締め付けトルクはデジタルで設定できます。

投入部

容器の口元を把握してBIBをボックストレイより引き出し、BIBの口元が所定の位置に来るように自動供給される段ボールケースに投入します。

タッチパネル

主要操作、設定は全てタッチパネルより行えます。
あらかじめ、液種、充填量に合わせて80品種まで充填データを記憶させられます。
充填中は、視覚的に稼働状態を表示します。