製品情報

WF-92C型充填機

WF-92C型充填機

充填からキャップ締めまで全自動

容器を供給コンベアに置き、運転スイッチを押す事により、充填からキャップ締めまでを自動で行う2連式全自動少量充填機です。

20パターンを登録可能

品種別に充填データを予め20品種設定できます。

高精度充填

定量性に富んだナカキンロータリーポンプをインバータで制御することで、高精度充填を可能にしています。

コストダウンに貢献

省スペース、高精度充填、作業時間の短縮でコストダウンに貢献します。

様々な形状の容器ペットボトル・瓶に対応可能ペットボトルと瓶


関連情報

ダウンロード  
お問い合わせ お問い合せはこちら

特徴

品種選択画面
品種別データ設定機能
予め、品種別に充填データを設定しておく事ができます。品種別データ設定数:20品種(充填量、充填速度、ノズル位置等)

データの設定が簡単
各種のデータ設定及び運転状態の確認は、デジタルパネルから行えますので、簡単に操作ができます。
(インバータの速度設定(ポンプ用及びノズル昇降用等)もデジタルパネルから行えます)

高精度充填
ナカキンロータリーポンプをインバータで制御する事による吐出量の安定とロードセルの計量により、高精度充填を可能にしています。
充填精度:2kgF.S ±3g(但し、液質による)

品種選択画面

充填能力
充填能力:420個/時

サニタリー構造
接液部は、ステンレス、バフ仕上げのサニタリー構造です。
(但し、ポンプとノズルの接続は、食品用耐熱ホースを使用)

省スペース、高精度充填、作業時間の短縮で、コストダウンに貢献
ポンプを内蔵したユニットとなっていますので、タンクに接続するだけで、充填が行えますので、省スペースです。
高精度充填となっていますので、歩留まりが向上します。
サニタリー構造と、品種別データ設定機能(20品種)により短時間で品種替え、充填作業ができます。

データ

機械の外観

制御盤・ポンプユニット・充填部が1つのベース上にセットした 構造です。

使用ポンプ

JM10VT-C(2 台)

充 填 量

0.5kg〜3.0kg(但し、充填できない容器も有ります。)

充 填 能 力

420個/時 (1.8L, 19mmノズル使用)

充 填 精 度

2.0kgF.S ±3g

電気消費量

三相 AC200V 50/60Hz 10KAV

空気使用量

0.5〜0.6MPa 100NL/min

寸   法

3610(全長)×1880(奥行き)×1900(高さ) (突起部分は含みません)

重   量

1100kg